ほんとに楽しい「総会」なんです。

2018年02月02日
Pocket

1月31日はへその緒の会の総会でした。
 

 
NPO(特定非営利活動法人)である
「へその緒の会」は
年一回以上の定期総会が
義務付けられています。

「総会」とは、
会員によって構成される会議のこと。

集まった会員の前で、
前年度の業務内容を報告し、
今年度はいくらの予算で
どのような活動するのか
などの意思決定をします。

 

へその緒の会は、
会計年度が1月から始まり、
12月締めとなるので、
正月が明けると大急ぎで決算をし、
前年度の事業報告、
活動計算書(決算書)を作成します。
その他、会員数などを東京都へ報告します。

 

事業報告や計算書類を作るのは
自分たちの活動を見直す機会。

そして、次への一歩を進めるためと思って
真剣に、数字に表れた一年を見つめます。

 

小さなNPOとはいえ、
決められた通り総会を行ない、
東京都への報告もサッと済ませます。

でも、義務だけでやるのはつまらない。
総会だって、いわゆる
シャンシャン総会じゃつまらないでしょ。

 

せっかく会員が一堂に集まる機会だから
参加した人に発言をしていただいています。

 

発言といっても、
難しい話ではなく、
「今こんなことやってます」とか、
「こんなレッスンあったらいいな」とか、
和気あいあいと、思い思いに話します。

 

今年も、
「断捨離ならぬ、全捨離をしています!」
という衝撃発言あり、
お花見やお月見イベントのアイデアが出たり、
「子ども整体やってほしいです」
(だったら、先生は山上先生かな?)

などなど。

 

だから、へその緒の総会は、
本当に、
「参加すると楽しい総会」になっています。

 

1・定期総会
2・会員の集い(今年は「大人のための誕生学講座」)
3・一汁一菜のお昼御飯(ランチ会)

これを、10時から13時までにやるという
ぎっしりと密度の濃い3時間でした。
 

 

 

=====

 

今年は、会員も会員でない方も
気楽に参加できるイベントを
1~2ヶ月に一回行ないます。

 

へその緒の会、
ちょっと関心があるけど…
妊娠してない、小さな子どもを
子育てしているわけでない自分は
「参加できるものがないな」
という人もいますよね。

そんな方でも参加できる。

また、「以前は参加していたけど、
今はちょうど参加できるものがない」

という方も参加できる、

ちょっとしたイベントを色々企画中です。

 

手始めは、
3月2日(金)ひな祭り前日の夜、
「おひな祭りイブ」と題して
虹のへやで、
ささやかなお話し会を行ないます。

 

女性の節句に因んで、
『子宮のリズムとお月さまのリズム』
をテーマに、私が少しお話しして、
参加型のミニワークつきです。

 

詳しい内容については、
2月9日(金)から
へその緒の会ホームページで
お伝えしますね。
 

 
(浅井あきよ・記)