試してみたい足湯の効用

2016年11月14日

「へその緒の会」の浅井あきよです。

寒くなってきました。

足湯をしたことはありますか?

ぞくぞくして「ちょっと風邪を引きそうだな」
というようなとき
足湯をすると、
からだがぽかぽかして、ぐっすり良く眠れて
すっかり、風邪が抜けてしまうことも。

ashi-yu
お風呂のいい湯だなと言うより熱いお湯
(やけどしない範囲で)
両足が入り
足のくるぶしが隠れるくらいのお湯を入れても大丈夫な
バケツなどの器を用意します。

いすに座り、バケツのお湯に足を入れるだけ。

からだの冷え方により一概には言えないのですが
たとえば9分。

冷えている足を入れたらお湯の温度が下がってしまいますから
そばに熱いお湯を差し湯用に用意して
温度が下がったら、
差し湯で温度を上げます。

両足同じように赤くなっていればいいのですが
もし、片方だけ、大湯から出ているところのように
白ぽかったら、まだ冷えていますから
温度を上げて、もう少し。

お湯から出した足は
もちろんすぐに乾いたタオルで拭きます。

せっかくの温まった足が冷えないように
布団に入るなり
温かい靴下、ルームシューズをはくなり。

具合悪くなった本人が、
初めて足湯をするとなると

器を探す、
手順を考えるなどが負担になるかもしれません。

なんでもないときに
やっておくといいかもしれませんよ。

足湯ができるちょうど良い大きさの器を
用意しておきましょうね。

お湯を捨てるのが楽
お湯の供給も楽と
風呂場でする人もいます。

足湯をする場所が
寒すぎないように、注意。

鼻つまりが解消したり
気分が鬱々としているのが
明るくなったり
やる気が出たり
と、
いろんな効果が実感できる足湯です。

まだしたことない方は
ぜひ試してみてくださいね。