参加した方の声

2016年11月01日

お腹の中の赤ちゃんにお話かけをするのがよいと分かっていても、
メッセージを受け止めるのが苦手な感じがしていました。
浅井先生と山内先生のお二人に毎回優しくリードして頂いて、
少しずつ受け取る自信が出てきました。

毎回、1つずつワークも増えていくので、
ゆっくりと進んでいけるのも妊婦に優しい感じです。
自分の感覚を信じる力をつけたい人にもおすすめです。

(K,Aさん、39歳 妊娠7ヶ月)

2016年11月01日

妊娠さんたちが集うやわらかい雰囲気の中での
イメージワークはとてもここちよかったです。

日常生活の中で、なかなかできないゆるむ体験を
意識的にできてとても良かったです。

ありがとうございました。

(S.Nさん)

2016年11月01日

2人目、3人目の妊娠になると、ゆったりとお腹の中の子だけに
集中出来る時間がないため、
ここでお腹の子どもだけの事を想える時間が持てるので
とても貴重でした。

ポワーンとした気分になりたいかたは是非とも。
心も身体もゆるめます。
(田口宮子 37歳 妊娠9ヶ月)

2016年04月01日

「いままで、瞑想なども関心があって、少しやったことがあるけれど
やればやるほど「我」が出てきて
自分はだめだなあ、うまくできないなあ、と感じ
これでいい、とは思えませんでした。

木になるイメージワークでは
ただ気持ちよく、音楽とあきよ先生のことばにまかせて、
手放していると、結果として「自分の中心がちゃんと通った」
そんな体験をしました。

自分を手放したところで
一番自分自身になるって不思議ですね。

努力とかではなく、
無理なく、とても気持ちよかったです。

自分を大切に、
(とよく言われますが、漠然としていて
いつもしっくりこなかったのですが)

大切にしなくちゃという考えではなくて、
そういう考えをはずしたところで、
自分を大事にする感覚を、しみじみ実感できました。

終わって、
脚やおなかも温かく感じ
手のひら、指の末端までとても温かく
流れが良くなっているのもわかりました。

わたしにとってはこの妊娠期というタイミングが、
自分の中心にやすらぐという感覚を養う
とてもいい機会になっています。

おなかの中にいるもう一人の、
躍動的でまっさらないのちが、
そこに導くお手伝いをしてくれる、という感覚です。」

JUNさん(第1子妊娠中)

-----------------------------------------

「思っていたのとはかなり違うお産でしたが、だからこそ、
赤ちゃんが生まれきてくれたということに只々感謝することができました。

仕事をこなしながらの妊婦生活でしたが、
「へその緒の会」でリラックスできただけではなく、
自分の内側に溢れる豊かさに触れるという貴重な宝物を得ることができました。

これからも、どうかご縁が続きますように!」

JUNさん(第1子・2016年4月出産)

2016年04月01日

fuusen-mini

一人目を妊娠した時は、生まれる2か月前まで仕事をしていたましたので、
おなかが目立たないように妊婦らしくみえないようにしていましたが、
特に問題なく安全でした。

2年後、第2子を妊娠しましたが、6ケ月に入った時に、流産してしまいました。

この体験から赤ちゃんを授かることや、おなかの中で順調に育っていくこと、
無事に生まれてくることは奇跡であり、どれだけありがたく素晴らしいことで
あるかを痛感しました。

流産してから3年後、もう一度赤ちゃんを授かった時は、もっともっと命に
敬意をはらい、心をこめて感謝しながら、おなかの赤ちゃんとの時間を
大切にしようと心に決めました。そんな時に浅井先生と出会いました。

いつも赤ちゃんに気持ちを寄せてゆったりした心でいることの大切さを
教えていただきました。

日差しの温もり、風の心地よさ、鳥のさえずり、木々や花々の美しいなど
自然を感じ、これから生まれてくる世界の素晴らしいさを赤ちゃんと共有する
幸せな時間でした。様々なことを赤ちゃんに話しかけました。

どうしても急ぐ時には「今からちょっと走るからね、ちょっと我慢してね」
など声をかけました。おなかの赤ちゃんは、安心している様子で、
よくギューっと伸びをしていました。ゆったりしていました。

内心、また流産しないか心配でしたが、おなかの赤ちゃんとずっと話していて
幸せで満足のいく妊娠期間でした。

「おなかの中からの子育て」をしていたおかげか、話(気持ち)が通じるので、
言葉がしゃべれない時でも、「なぜ泣いているのかわからない」ということがなく、
とても幸せな時を過ごしてきたので、子どもとのコミュニケーションが楽になりました。

いま、その子は5歳になります。人の気持ちを察したり、人の思いに気が付く
感性の豊かな子に育っていて、一緒にいて心が温かくなることが多々あります。

「おなかの中からの子育てがこんなに大事だったのか!」と改めてその大切さを
実感しました。

仙台にいる妊娠中の友人にも「おなかの中からの子育てが始まっていること、
赤ちゃんにいつも心を寄せて声を掛けていくことの大切さ」を話しました。

友人はその後アドバイス通りに妊娠生活を送り、生まれた赤ちゃんは驚くほど
落ち着いているそうです。
友人夫婦からは「すごい!素晴らしい!」と、とても感謝されました。
幸せな親子増えて、うれしいです。

(松口右知子・東北在住)

(松口さんは幼稚園で「赤ちゃんといっしょ」という名前で開催していた時に、毎月通っていたママです。
この文は、私の本「おなかの中からの子育て」から転載しました。
本ではイニシャルですが、ご本人の了解のもと実名で載せています。浅井・記)

2016年04月01日

妊娠中、参加直後の感想です(2015年・11月)

 イメージワークは、木になるワークにだいぶ慣れてきていたので、
太陽のワークもスムーズにできました。
子宮や体の内側が温かくなってきて、すごく心地良かったです。
イメージワークはこれからも続けていこうと思います。
 
(神戸加織さん)
IMG_7765-mini

-------

2回目の木のイメージでしたが、心を落ち着けて良い時間を
過ごせました。集中した中で太陽のイメージワークに移り、赤ちゃんのキラキラした
感じとあたたかさを感じました。

イメージワーク後は頭がスッキリしました。

(泉 美智江さん)

-------

 はじめての太陽のイメージワーク。
木のイメージワークがとてもスムーズにできるようになったので
太陽のイメージワークは上手にできました。
自分の体に 光をすごく感じることができ、心地よかったです。

(K・Aさん)

2016年01月01日

柔らかい優しい雰囲気の浅井先生の誘導で、
自分に集中してワークをすることが出来ました。
体中がポカポカして、お腹の赤ちゃんも喜んでいるのがわかりました。

妊娠後期になって初めて参加しましたが、
みなさん温かく迎え入れて下さって、
とても楽しくリラックスして参加することが出来ました。

ありがとうございました。
(M.Mさん 30代、9ヶ月 初産)

2015年11月04日

おなかの中からの子育てレッスン>にご参加の方の感想です。

■仕事のお休みの日にカップルで参加した方

赤ちゃん人形6.7か月

赤ちゃん人形6.7か月


今日は産科医の受診後寄らせてもらいました。ということで、

感想:(30代男性・妻が妊娠7か月)
まず、胎児人形を抱っこさせてもらい、妻のおなかの中に
こんなに重い赤ちゃんが入っているんだと、びっくり。
うまれる直前の3キロのへその緒も付いた赤ちゃん人形なんて
ずしっときて、えーっ!これに胎盤や羊水の重さも加わると
聞いたら、たいへんなんだ!すごいな~と実感しました。
胎児人形は、重さは実際とおなじでも、ほのぼの可愛くて、
エコー写真とかで見るのとはまた違った実感がありました。

感想:(30代女性・妊娠7か月)
一度行きたいと思っていたけど、なかなか行くことできず
休みの日に初めて二人で参加しました。
どんなことをするのか全然わからなかったのですが、
初めて「木になるイメージワーク」も体験しました。
こんなに清々しい気持ちになったのは、初めてです

2015年11月04日

おなかの中からの子育てレッスン>にご参加の方の感想です。

イメージワークで肩のコリがとれて、スッキリしてビックリ。
対話はなんとなくお腹に当てた手にじゃれてきたような気がしました
あかちゃんと私の時間をもてる貴重な時間でした。
なので上の子は実家に預けて通うことにしました。

2015年11月04日


もともと、野口整体やシュタイナー教育に関心があり、
浅井先生も同じと知って参加しました。

つい、いろいろ情報過多になり
あれもしなきゃ、これもしなきゃとなりがちなのですが、
ここで「木になるイメージワーク」や「日想観」をすることで
大事なのは知識ではなく、からだごとの自分の在り方というところに
戻ることができました。

(撮影時:妊娠8か月)