2018年07月01日

山上かさねさんの【米ぬか温湿布つくり講座】お申込みはこちらです。

Pocket

お話を聴き、実際に手を動かして作る、講座です

米ぬか温湿布って、ご存知ですか?

米ぬかと塩(ほかに唐辛子、ローリエ)を入れたもの
を布袋に入れて
電子レンジで温めて使うものですが

これが、とても気持ちのよい温かさなのです。

特徴は
・使い捨てカイロと違ってくりかえし使える
・やわらかな温かさが長持ち
・さめても冷たくはない
・レンジでチン、簡単に温められる
・冷えを温め筋のこわばりを取る優れた効果

(、、、詳しくは講座の中で)

 

この、米ぬか温湿布、
「つくり方を読んで、作る」となると

【布、米ぬか、塩、唐辛子など】の材料をそろえ
それを測るキッチン秤、布の寸法を測り、
切り、縫う。
できればミシンで縫い、綴じるところは縫い針でぬう。

という作業になります。
一つ作ればコツがわかって
そんなに難しいものではないのですが

「初めて、一人で、する」となると
結構ハードル高そうですね。

まして、小さな子どもがいると
針を持つことは、とても気を使います。

そんな、大変さをいっきょにクリアして
ラクーに、作れるのがこの講座です。

 

しかも、
生理痛だったら、ここにこう当てるといい
とか、
おなかが痛いときにはこうとか
咳が出る時はこう、とか
眠れないときは、、、、というような

お話付きです。

 

お話と作り方を教えてくださるのは
山上かさねさん

益子の、ものづくり一家にそだち
身内には陶芸作家、ガラス工芸作家。
ご本人は人形作家。2児の母。
夫の山上亮氏(「整体的子育て」の著者)
と、日々整体的生活を営む。

この山上かさねさんから
山上家では、この
米ぬか温湿布をどのように
活用しているかのお話を伺い

一人一つづつ、
米ぬか温湿布を完成して
お持ち帰りいただく

という講座です。

材料はもちろん、
縫針も糸もすべて道具は用意されていて
手ぶらで参加できます。

日時

2018年11月15日(木)10:00~11:30

受講料

お一人 3500円(1個分の材料費含む)

材料だけ追加で希望する方は、
当日1500円でお分けします。
準備が必要なので、
追加分は申し込みフォームの備考欄に入力してください

会場

へそ緒の会 虹のへや(東京都葛飾区東金町2-25-12)
最寄駅:JR金町駅からの行き方はこちら

定員

12名

小さいお子さま連れでの参加も可能ですが、
申し込みフォーム備考欄にお子さんの年齢を入力してください。
(11月15日時点で何歳何か月)

申し込み締め切り

開催日の一週間前、または定員に達ししだい。

※材料準備の都合上、締め切り日を過ぎての
お申し込みはできませんのでご了承ください。

 

◆PC用申し込みフォームはこちら