おなかの中からの子育てレッスン

2019年05月20日

おなかの中からの子育てレッスンとは?


「赤ちゃんが生まれてからではなくて、
おなかの中にいるうちから
子育ては始まっていると思って
赤ちゃんに気持ちを十分に向けようね」

という考え方に基づくレッスンです。

「それって、胎教とおんなじ?」

はい、もともと胎教も
お母さんが安定して晴れやかな気持ちで
妊娠中を過ごせば、
徳の高い子どもが生まれるという考え方
として、伝わってきました。

最近の研究では
遺伝子だけではなく
妊娠中の母親の心とからだの状態が
赤ちゃんに大きく影響する
ということは、
客観的事実として認められるようになりました。

生まれた時からすでに大きな差がある

大きな声でなく赤ちゃんもいれば
小さな声でなく赤ちゃんもいますし
活発に動く赤ちゃんもいれば
じっと回りを見回して様子をみているような赤ちゃんもいます

さまざまな個性のある赤ちゃんたちがいます
多様性のある赤ちゃんたちを
親となった自分がどのように受け入れることが
できるかは、おなかの中からの

赤ちゃんとの繋がりによって変わってきます

おなかの中からの子育てをすると
どんな子に育つの?


「胎教」の名のもとに
早期知育を行なっている団体もありますが
「へその緒の会」のレッスンで育てるのは

自分を好きになれる、
自己肯定感の高い子ども
人にやさしく思いやりを持つことができる
子どもへと成長を遂げていきます

自己肯定感の高い子どもは
いろいろなことにチャレンジし
将来、どんどん伸びていくことができます。

そして
親になった自分が安心して子育てできる
子育てする自分自身を好きになって
自己肯定感の高い状態をたちながら
自分の人生を歩んでいけるようになります

生まれてからの関わりも
もちろん大切ですが
まず、生まれるまでに
出来ることがあるならば

おなかに中にいる時からしっかり心を懸けて

生まれてきたときには、
将来、自分を大切にできる
人にも思いやりの心を持てる
そのような幸せな赤ちゃんを
おなかの中から育てませんか?

そして、自分自身も安心して
子育てをしてみませんか?

たった9ヶ月間の心がけで
子どもにとっては一生、
親にとってもその後の人生を
ずっと
ハッピーにすることができるのですから。

「おなかの中からの子育てレッスン」
どんなことをするの?

「おなかの中からの子育てレッスン」は
1人1人カスタマイズするセミオーダープログラムです。

レッスン回数も出産予定日やあなたの事情に合わせることができます。
レッスンルームに通えない時にはzoom(※)や電話でレッスンを行うことができます。
レッスンとレッスンの間の質問はいつでも受付ます。
また、出産後は生後2ヶ月まで、電話やメール相談でフォローいたします。
まずは初回レッスンを受けてみませんか?
※オンラインミーティング

<レッスン内容一例>
・おなかの赤ちゃんとの絆を作るワーク
・赤ちゃんにお日さまパワーを届ける太陽のワーク
・日常生活の中で赤ちゃんのために時間を作るコツ
・お産の日に役立つ薔薇の花のワーク
・「木になるイメージワーク再び」「ママも助けるおっぱい」

初回レッスン対応日・会場

<2019年5月・6月の対応日>※5月20日現在

5月28日(火) 10:00~ 13:00~ 15:00~
6月1日(土) 14:00~ 16:00~
6月4日(火) 10:00~
6月7日(金) 10:00~ 13:00~ 15:00~
6月11日(火) 10:00~ 13:00~ 15:00~ 19:00~
6月14日(金) 13:00~ 15:00~

 

会場:NPO法人「へその緒の会」 虹のへや
葛飾区東金町2-25-12(2F)JR金町駅北口より徒歩10分
(東江幼稚園と同じ住所ですが、入り口が違います。)
金町駅からの地図

受講料

初回レッスン受講料:18,000円(カップル又はご夫婦で参加の場合は、お二人合わせて27,000円)

初回レッスンを受講されたうえで、継続受講するかお決めください。
継続受講の場合、2回目以降は1レッスンあたり15,000円(注1)となります。
(注1:カップル又はご夫婦で参加の場合はお二人合わせて22,500円)
※受講料のお支払いは郵便振替又は銀行振込のみとなります。

レッスンを受講するには

初回レッスン受講をご希望の方は、以下の問い合わせフォームより希望日をお伝えください。
「おなかの中からの子育てレッスン」へのご質問等もあれば備考欄へお書きください。

◆お問い合わせフォーム

送信後、へその緒の会より確認メールが届きます。
届かない場合、システム上のエラーの可能性がありますので、
へその緒の会事務局までお問い合わせください。
へその緒の会事務局:baby◆heso-no-o.jp(◆を@に変更して下さい)

 

プライベートレッスンが基本ですが
2019年度はグループレッスンを設けております

【おなかの中からの子育てグループレッスン】についてはこちらから

 

しあわせな子育てのスタートを切ることができますように…
へその緒の会は妊娠中のあなたを心から応援します。


おなかの中からの子育てグループレッスン

2019年05月20日

へその緒の会では、一人でも多くの妊婦さんに

おなかの中からの子育てレッスン】の

受講をお勧めしております

2019年度 新しい取り組みとして
【おなかの中からの子育てグループレッスン】
毎月開催します(8月夏休み)

開催日時・会場

4月23日(火曜日)10:30~12:00締め切りました
5月21日(火曜日)10:30~12:00締め切りました
6月18日(火曜日)10:30~12:00
7月16日(火曜日)10:30~12:00
9月17日(火曜日)10:30~12:00
10月29日(火曜日)10:30~12:00
11月19日(火曜日)10:30~12:00
12月17日(火曜日)10:30~12:00

 

会場:NPO法人「へその緒の会」 虹のへや
葛飾区東金町2-25-12(2F)JR金町駅北口より徒歩10分
(東江幼稚園と同じ住所ですが、入り口が違います。)
金町駅からの地図

参加費

・通常参加(妊婦さん)
1レッスン 12000円
(★6月開催講座まではスタートを記念して半額6000円★)

・交流参加(医療従事者・専門職の学びのための受講)
1レッスン 12000円

(ランチ交流入れて13:00まで)

※受講料のお支払いは銀行振込のみとなります。

主なレッスン内容

心と身体をゆるめて安心して「おなかの中の赤ちゃん」に向き合えるような
呼吸法や簡単なエクササイズ、イメージワークをしていきます。
安心感があふれてくるという感想をいただいています。

・太陽のイメージワーク
(ポジティブな気持ちになり、赤ちゃんにもその気持ちを届けるイメージワーク)

・木になるイメージワーク
(大地に根を張るイメージ)

 

お申込み後、確認メールが届きます。
届かない場合、システム上のエラーの可能性があります。
baby◆heso-no-o.jpにメールにてお問い合わせください。
(◆を@に変更して下さい)

子宮に関心を向ける

2018年08月05日

先日の精子力に引き続き、

今日は子宮、
またも妊娠力のお話です。

NHKスペシャル
「ニッポン“精子力”クライシス」
ご覧になりましたか?

今日は精子と対になる
卵子のお話です。

 

私はこの番組を見て
やはり、
男性の「精子力」も落ちているんだな!
と思ったの同時に

卵子にも
同じように生活習慣の影響はあるのだろうな!
と思いました。

 

でも、この番組に出てくる独身者の男性よりは
多くの女性、
それも「妊娠しよう」と思っている女性は
食べ物に気を使っているだろうし

生活も、もう少し活動的なのでは?
と思いました。

 

でもね、
卵子の質は
精子の質よりもっと大事だと思うんです。

なぜかというと
卵子は一度にたった一個排卵されるのだから。
(稀に二卵同時はありますが)

精子の場合、多くの中から
元気な精子だけが、
卵子のところまで行きつくので
ふるいにかけられるというか

弱い精子は淘汰されてしまうわけです。

 

それに比べて
卵子はたった一個で
受精を待ちます。

さらに、卵子の質だけでなく
そのあと子宮に着床してはじめて
妊娠成立となるわけです。

 

女性は【卵子】を用意しているだけでなく、
【子宮】という受精卵にとっての環境も
提供しているわけだから
影響大ですね。

何も女性に
精神的プレッシャーをかけたくて、こう
言っているのではありません。

 

妊娠しにくいという現象には
女性側のみならず
男性側の事情も関わってる
という事実は

この「精子クライシス」でよくわかったけど

だからと言って
女性の側の重要性は無視できない
ということ。

 

男性の「精子力」に
「健康状態」が反映されるように

女性も「子宮力」(卵巣も子宮の一部)を上げることは
全身の健康や
お肌の調子もよくなることにつながるので

子宮力を上げることをしましょう!
と提案したいのです。

 

それも、
がんばって悲壮感でやるのではなくて

楽しく子宮力を上げましょうね!

と提案したいのです。

 

「楽しく」なんてできるのかなあ?
と思っているかもしれませんね。

ご自分の月経を記録していますか?

最終月経がいつだったか?
と聞かれたら、すぐに答えられますか?

最終月経のもう一つ前は?

基礎体温を測っていなかったとしても

月経と月経の中間
排卵期のオリモノの状態など
気にとめていますか?

子宮そのものを見ることはできないけど
膣の粘膜やオリモノは
実感できますよね。

それが、
子宮の状態を物語ってくれています。

 

子宮と仲良くするってことは
そのような変化に関心を向けること。

それは、お肌や髪の変化や
全身の元気度とも関連していることも。

でも直接に一番わかりやすいのが
膣の状態です。

 

ところで
女性の皆さまは
下着のショーツの洗濯は
自分でしていると思うのですが

ただ洗濯機に放り込むのでなくて
ちゃんと観察してみましょうね。

(白い下着に色が付くのが嫌なら
水で濡らしたうえで
酸素系の漂白剤を使うといいですよ。

塩素系と違って色物にもOKですし
血液系のしみには何より酸素系が効きます)

 

そんなことも通して
自分のからだ、
特に子宮に意識を向けてみましょうね。

今日は、外側から
子宮に関心を向ける法
子宮の情報を読み取る法を
お伝えしました。

 

今「未来のママのレッスン」は
9月に開講に向けて準備中です。
待てないという方は、プライベートレッスン
お問合せください。

 

(浅井あきよ・記)

お寺の欄干から桜を見る

2018年03月20日

うちの周りを見渡すと、
まだ、桜はつぼみですが
もう一週間もしたら
ちらほらと、開花し始めるでしょう。

そして、満月となる月末の31日には
満開の桜が見られることでしょう。

【お話会付のお花見】をします。

■3月31日(土)
昼桜の会  14時より
夜桜の会  19時より

参加費:2000円(当日現金払い)

 

桜の花と満月
~女性性と月の周期
~子宮という連想から
「子宮リセット」というタイトルで
満月の日にちなんで
私が少しお話をします。
(20~30分ほど)

 

なんで、桜と子宮が関係あるの?

植物の花は本来、
実をつけ子孫を残すものですね。

桜にはサクランボの
実を着けるのもあるし
実を付けないソメイヨシノもある。

 

そういえば、
今回見る桜の木
もともとは実を着けない
ソメイヨシノなのですが
あるとき、
小さな桜の実がなっていましたよ。

 

普段は上がれない、
本堂から欄干越しに桜と対面。

花を見るだけでなく

本堂ならでは、の鐘
(釣鐘ではありません)を打って
その響きをカラダに受ける
30秒瞑想の時間もとります。

 

昼桜の会は、お抹茶とお菓子
夜桜の会は、ハーブティーとお菓子

飲めや歌えのお花見とはちょっと違う
静かで
心とからだを大切にする

でも遊び心もあるお花見
を準備しています。

ちょっと気になる方はコチラから
【3/31お花見+お話し会】

 

春のお天気は不安定…
その日が晴れて
無事に開催できることを
今から祈っています。

 

(浅井あきよ・記)