ブログ

山上亮・整体講座×浅井あきよ・イメージワーク

2017年02月24日

へその緒の会で使っている「虹のへや」の入り口の
プランターのパンジーも、白いアリッサムもこんなに
ふんわり盛り上がるように
咲いています。



春は変化の季節、
からだもいろいろ変化する季節です。

3月11日(土)に
午前と午後、2つの山上亮先生の講座があります。

午前中の「整体的子育て」は12月に続いて2回目です。
赤ちゃん連れやお子さん連れで参加できます。(残・2席)

午後の「季節に合わせた整体生活・春」って何をするの?
と聞かれましたので、お答えしますね。

「活元」や「愉氣」を身に着ければ
それは、いつでも、どこでも使えます。

何のために、といえば
「からだの自然を取り戻す」ためです。

私たちは気づかない間に
本来のからだの力を発揮できない、いろいろな
縛りや歪みを身に着けてしまっています。

本来のからだ感覚や、自然治癒力を取り戻すこと
が、大人になってもできるのです。

学ぶときには、
良い先生から習うのがよいのは
もちろんです。

山上亮先生から習う機会は
そんなに多くはありません。

今回3月が最初のスタートです。
6月、9月、12月と全部で4回で
整体の基本を身に着けましょう。

一度ちゃんと身についたものは
無くすことがありません。

午前の講座は、お子さんも一緒に参加できるところが
特徴ですが
午後は
大人だけで、静かにという時間になります。

午後の講座は
「整体の基本を学びながら
春夏秋冬と季節によって移り変わっていく
からだの変化とその対処も学べる」
という
ちょっと欲張りすぎかな?
というほどの内容です。

ただし、中学生以上のお子さんで
本人が参加したい意志がある場合は
ご相談ください。

あ、もう一つ

午後だけの特別メニューがあります。
それは、私がいつも妊娠中の方や妊娠希望の方と
行なっている「木になるイメージワーク」を
最初の10分間行うというところです。

準備運動と合わせても、15分以内です。

これは、初めての試みで
山上亮先生ももちろん一緒にイメージワークに
参加されます。

そこから整体の話につながっていくのですが
私自身もその後の展開を楽しみにしています。
(浅井あきよ・記)

「へその緒の会」総会と会員の集いを開催しました

2017年01月26日

2017年1月25日(水)に
NPO法人「へその緒の会」定期総会と会員の集いを開催しました。
続きを読む

更年期・閉経はこわくない!

2016年08月18日

「更年期って、どんなイメージ?色で言うと?」
いろんな人に聞いてみると
たいてい「黒」または「黒っぽい灰色」です。

更年期という言葉は、
更年期障害といっしょに記憶されているでしょう?
続きを読む

えっ、未来の赤ちゃんを呼ぶって?

2016年04月30日

浅井あきよです。

新月、満月、
月の満ち欠けを意識して生活しているのですが

今日30日は、
下弦、満月から新月に向かうちょうど真ん中、半月です。

moon_cagen

下弦は月の形としては、
向かって左が膨らんでいる
カゲンCagen<C>
とおもって見てくださいね。

半月ですが
ま夜中に東の空に上がってきて
朝日が昇るころに南中します。
昼間に白っぽい月として見えます。

月のエネルギーを上手に生活に活かしてみよう
という「ツキヨミ生活」という提案がありますが

それによれば

この下弦から新月に至るときは

手放す時期。

からだでいえば、排泄の器官、腎臓系をいたわるとき。

生活で言えば
モノを手放してスッキリ
片付けに最適な時期ということです。

新月は5月7日ですから

その時までに、気になる場所を片付けて
スッキリしませんか?

コツは、小さく限定して、完了させることです。

あれこれと欲張らず
たとえば、洗面所だけ!などと一箇所を決めて、
かける時間も何時までと決めてやることです。

ところで
からだも、行動も、詰め込みすぎてないか
排泄はちゃんとしているか、見直してみましょうね。

5月14日(土)から毎月一回3回連続で
未来のママのレッスンが始まります

お知らせしました。

「参加したいけど、迷っている」という方のお問い合わせが
複数あったのですが、
その中には、

「新しいことを始めると
やることがもっと増えてしまって

今でさえも、いっぱいなので、どうしようかと思う」
という方もありました。

確かに、詰め込みすぎで
自分を追い込んでは
本末転倒ですね。

で、このレッスンは
その心配はないですよ。

とお伝えしたのですが

内容を少し紹介すると

この未妊の方のための連続レッスンは
以前7回でお伝えしたり体験していただいていたことを

コンパクトに3回にまとめたものです。

今までと比べて
何が減ったかと言うと

依然やっていた、2回の水彩画の時間と
一回のコラージュの時間を削りました。

そして本当は、4回にしたい内容を、
3回に入れました。

一回目の内容は、
<太陽や月のリズムと自分のからだのリズムを合わせる>

<子宮と仲良くなる話、とイメージワーク>です。

いきなり子宮と仲良くと言っても
何のことやらでしょうが

そのときには、ちゃんと
段階を踏んで、ご案内しますよ。

妊娠を望むのだから
ふつう「まず排卵が大事」と思いますよね。

でも、排卵の前に月経というおそうじがあって、
そこから、
次の排卵に向けて新しいサイクルが始まっているんです。

それなのに

月経を
まるで、受験の不合格通知みたいに
残念!
という気持ちだけで迎えていませんでした?

「妊娠3ヶ月」などで示される妊娠月数、
その基点は
最終月経の開始日。

月経は、
次の妊娠へ向けての始まりのとき
とみなすことも出来るんです。

それは、ともかく、

月経や子宮と仲良くなるワーク
ぜひ体験してくださいね。

ただ知識を増やすのでなく
からだで実感し、
広い視野から見直すことが出来るレッスンです。

2回目は、対話師・山内ちえこさん。

胎内記憶で有名な池川明先生で、

生まれたての赤ちゃんや
おなかの赤ちゃんの気持ちを聞き取る
セラピストとしてお仕事していた方です。

著書は「おなかの赤ちゃんと話そう・WAVE出版」

現在は、ご自分のセラピールームでのセラピーやセミナー、
バースハーモニー助産院でハーモニーワークなど の活動を
されています。

ここ、へその緒の会でも
「おなかの中からの子育てレッスン」
「赤ちゃんとの対話のレッスン」などで
毎月レッスンをしています。

目の前の赤ちゃんや、おなかの赤ちゃんなら
確かにそこに、存在しているけど
未来の赤ちゃんは、どうしたらいいのでしょう?

また、ちえこ先生のいう
「見えるからだ と 見えないからだ」って
何でしょう?

そのことは、
お会いしての、楽しみ!に取っておきますね。

一回目の、子宮と仲良くなるワークなどを
経験していることが

始めて山内先生のワークを行なうにも
補助ステップとなることは
経験的に確信しています。

3回目のレッスンは

妊娠したときにも、そのまま「受胎前からの胎教」となる

漢方の先生から習った胎教の極意
「天から赤ちゃんを呼ぶ」に進みます。

初めてでいきなり、これでは
ちょっと難しいと思う人もあるかも、、、。

でも、一回目のイメージワークと
2回目の山内先生のワークの体験があれば
その延長上のこととして、

特別ふしぎなことではなく
ふつうに、すんなり、できるはずですよ。

ところで
未来のママのレッスンは
不妊の方のためのレッスンではありません。

不妊ではなく未妊。
未だ妊娠していない方のためです。

今、妊娠していなくて、
いつ妊娠してもいいと思っているのなら

それなりの準備をして待っていなくちゃね。

未来の赤ちゃんを
あんまり待たせてはいけないだろうと
3回にしたのです。

そんなわけで
3回のレッスンを
ぜひ、ワクワク楽しみにしながら
参加してみてくださいね。

もう一度言いますと
不妊ではなく未妊の方のためなのレッスンなので

今、直ぐに妊娠したい、と切実に思っている人も
いつでも、避妊を解除しさえすれば妊娠できると確信している人も

まだ少し先だけど、将来、必ず妊娠出産したい、と思っている人も

参加できますよ。

最初の下弦の月の話から、
未来のママのレッスンの話まで、
ちょっと、長い話になってしまいました。

未来のママのレッスンの開始日は
上弦の月になります。

「一回目お試し受講」も受付けますが
3回連続申込で満席になった場合はそちらを優先します。

ピンと来た方は今すぐ
こちらから、どうぞ。

未来のママのレッスン

「おなかの中からの子育て」が本になりました。

2015年08月14日

「へその緒の会」の浅井あきよです。
「おなかの中からの子育て」が本になりました。

おなかの中からの子育て 浅井あきよ著

おなかの中からの子育て 浅井あきよ著 WAVE出版


浅井あきよ著・WAVE出版 (9月5日発行予定)
http://amzn.to/1gBa9Qb

その名の通り、
これから赤ちゃんを生む方に向けた本です。

「へその緒の会」で行なっている
おなかの中からの子育てレッスンの
3つのイメージワークを中心に、
おなかに赤ちゃんがいる時に
できる事が書いてあります。

いろいろな妊娠準備本や
雑誌が出ていますが、
体の事、産科医の著書が中心ですよね。

お産は、産科医や助産師という医療者に
介助してもらうので
医療分野の事だと思われがちですが、

妊娠期間のまる9か月は
生活そのものでもありますね。

医療は、あくまでも妊娠中やお産の
異常や緊急事態に対処するため。
安全なお産にとっては
とても大事なことです。

お産以外の
妊娠期間 また産後

医療以外の
注意すべきことや、

赤ちゃんのためにできる事って
ないのでしょうか?

おなかの赤ちゃんが安定し、
ママとなる人も充実した
マタニティライフを送ることができ、

産まれてからも幸せな育児の
スタートを切ることができたら、、

そのためにできる事って、どんなこと?

それにお答えしたのが、この本です。

「へその緒の会」でいままで
レッスンの形で提供している内容を
初めて本にしました。

だから、今まで参加された方も
もう一度、そういう事だったのね、
と振り返って読むことができると思います。

一番読んでほしいのは
今、まさにおなかの中で赤ちゃんを育てている
妊婦さんです。

妊娠期間の9か月は
あっという間に過ぎてしまいますので
こんな本があるよと
プレゼントして頂けたら
嬉しいです。

本の中には
参加者の体験談がいくつか載っていますが
その一つは
まだ妊娠前から参加していた方のものです。

妊娠してからでなく
妊娠予定の方にも読んで頂けたら
と思います。

アマゾンで予約がスタートしました。
http://amzn.to/1gBa9Qb

出版記念パーティーも
ぜひご参加くださいね。