講師・顧問プロフィール


浅井あきよ

浅井あきよ

山内ちえこ

山内ちえこ

なかざわさちこ

なかざわさちこ

長崎希妃子

長崎希妃子

山上亮

山上亮

高橋ライチ

高橋ライチ

池川明

池川明

竹内正人

竹内正人

大橋里恵

大橋里恵


asai

浅井 あきよ

NPO法人「へその緒の会」代表理事・講師

1985年より東江幼稚園を夫と共に継承し2008年まで園長。
その後、助産師、セラピストとともに2011年より
NPO法人「へその緒の会」を立ち上げ代表となる。

自らの4児の妊娠・出産の体験から、幼児期以前の乳児期、
胎児期の大切さに目覚め、1987年より幼稚園において
妊娠中のママたちの教室を開く。
野口整体、座禅、漢方の伝統的な胎教、シュタイナー教育などの
影響を受けて、妊娠中のママのためのイメージワークを生み出した。
教えるというよりは体験し自ら気づくイメージワークを中心としたレッスンを行っている。

誕生学Ⓡアドバイザー。
へその緒の会では「おなかの中からの子育てレッスン」「更年期・閉経はこわくない」「未来のママのレッスン」などを担当。

著書 「おなかの中からの子育て」WAVE出版(2015年9月)

「ホリスティックな気づきと学び」せせらぎ出版(2002年3月)
ホリスティック教育ライブラリー2(共著)の中の事例
<仏教・漢方・シュタイナーに学ぶ東江幼稚園>

▲ページトップへ


yamauchi

山内 ちえこ

NPO法人「へその緒の会」顧問・講師

スポーツクラブ業界で乳幼児の五感プログラムを、独自開発後に起業。
1男1女の母。

水・陸の様々なセラピーやワークを学び独自のワークを開発し
(株)ハグインターナショナルを設立。
おなかの中の赤ちゃんから老若男女、障がい児とその家族を対象として
ホリスティックな視点で発育発達、健康や教育人生や仕事などの相談やセラピー、
新しい人生・仕事に向かう方のコンサルティングワークを行っている。

「たましいをつなぐ対話ワーク」開発者。

へその緒の会では「赤ちゃんとの対話レッスン」「1~2歳児との対話レッスン
おなかの中からの子育てレッスン」「未来のママのレッスン」を担当。

著書 「おなかの赤ちゃんと話そう」WAVE出版

▲ページトップへ

 


なかざわ さちこ

2007年より「誕生学® アドバイザー」として活動。
未就学児から小・中・高校生・ママたちと各世代にいのちの話を届ける。
赤ちゃんやママと共に足立区の中学校に
ふれあい授業を届ける活動「いのちの根っこ」主催。

子育て&誕生学&フルタイムワーカーの日々。
熊本県出身 足立区在住 
2男・1女の母。

へその緒の会では「おなかの中からの子育てレッスン」「未来のママのレッスン」を担当。

▲ページトップへ

 


長崎 希妃子

2013年春に12年勤めた会社を辞め、同年翌月に「ちの音」を起ち上げ、
産後ケア・食養サポート・マクロビオティック料理教室の仕事を始める。

2014年3月に産後ドゥーラの認定を受ける。
ちの音の仕事の傍ら、
2015年2月より産婦人科内の産後ケア施設でもドゥーラとして働き始める。

玄米食歴18年、マクロビオティック歴13年、二女(8歳、12歳)の母。
長女出産時の辛い経験により改めて食を見直し、次女は念願叶って自宅にて出産。
食だけでなく、自然療法やセルフケア、姓名学・女性性・心理学など、
自分を知る事・心地よい生活を送る事に関することは何でも興味があり、日々探究中。

へその緒の会では「おなかの中からの子育てレッスン」を担当。

▲ページトップへ

 



山上亮

整体ボディワーカー
野口整体とシュタイナー教育の観点から、
人が元気に暮らしていける「身体技法」と「生活様式」を研究。
からだの感覚を磨き、
からだの声に耳を傾けることで、からだの智慧を現代の生活に活かす方法を提唱している。
整体指導、子育て講座、ほか幅広く活躍中。2児の父。

へその緒の会では、「整体的子育て講座」「季節に合わせた整体生活」を担当。

著書:『 整体的子育て』『整体的子育て〈2〉わが子にできる手当て編』「こどものしぐさはメッセージ」
(ともにクレヨンハウス)
ブログ:雑念する「からだ」

▲ページトップへ

 



高橋ライチ

コミュニケーション・カウンセラー

2003年に女性のためのコミュニティ「こぶたラボ」を立ち上げる。
母のための場づくりのパイオニア。
平行して2005年より心理カウンセラーとして「女性が自分らしく生きること」をサポート。
「聴く」技法を学ぶ「ブライト・リスニング講座」を一般に公開。
「聴く」ことの楽しさと感動を伝えている。

両親の離婚、自身の2度の離婚、シングルマザー3組のシェアハウスなどを経て、
現在は3人目の夫と子と大学生の同居人とSTEPファミリーで暮らす。
14歳と24歳の姉妹の母。

経験からパートナーシップについて研究し、学び、
よりよいパートナーシップをはぐくむ知恵を伝授するゼミや個人カウンセリングも行っている。
2011年の東日本大震災をきっかけに、インターネット通話でお話を聴く活動を開始。
産後の孤独やストレスを解消するために、乳幼児の子育て中のママの話を、
少し先輩のママが寄り添って聴く活動「リスニング・ママ プロジェクト」をウェブ上で運営中。
NHK TVや新聞でも紹介され、注目を集めている。

▲ページトップへ


ikegawa

池川 明

産科医、医学博士。

1989年横浜市に池川クリニックを開業。
胎内記憶・誕生記憶について研究をすすめる産婦人科医として、マスコミでも取り上げられることが多く、講演等にも活躍中。

著書「胎内記憶」
「赤ちゃんと話そう!生まれる前からの子育て」
「子どもはあなたに大切なことを
伝えるためにうまれてきた」等多数。
池川クリニック ホームページ
胎内記憶
池川明公式ホームページ

▲ページトップへ

 


takeuchi

竹内 正人

産科医、医学博士。

葛飾赤十字産院(1994〜2005)では産科部長として周産期医療に力を注ぐ。
JICA(国際協力機構)母子保健専門家として国・地域・医療の枠を超えた様々な活動を展開。
2009年メッセージキャラクター「しきゅうちゃん」を発表。

著書「マイ・マタニティ・ダイアリー」
「赤ちゃんの死へのまなざし」他多数。

産科医 竹内正人 オフィシャルサイト
妊娠・出産毎日わかる「そのママ」メルマガ
「産科医 竹内正人のいのちのブログ」

▲ページトップへ

 


oohashi

大橋 里恵

NPO法人「へその緒の会」顧問・講師

開業助産師。
保健師として勤務し、双子を含む3回の出産で4児の母になった後、
2002年茨城県立中央看護専門学院助産学科に入学し、助産師資格を取得。

総合病院の産婦人科病棟に助産師として勤務した後、助産院に勤務。
2007年取手市に助産院「かかんち」を開業。
その間、2回の流産と3回の出産を経て、現在7児の母。
母乳育児相談やベビーマッサージ教室などを通して育児支援を行っている。
その他、地域の子育てサークルや、保育所~高校で「いのちの授業」を行う
誕生学Ⓡアドバイザー、ベビーマッサージ講師。
新生児からの赤ちゃん預かり「カンガルーポケット」副代表。


2015年は7人目の妊娠時に「おなかの中からの子育てレッスン」に参加者として皆出席した。
現在、赤ちゃんを含む7人の子どもたちから、たくさんのことを学んでいる。

▲ページトップへ