参加した方の声

2016年04月01日

 自分の子供にこれから迎えるであろう体の変化について、どう伝えようかと考えていた時、
この教室を知りました。

 参加してよかったと心から感じています。

赤ちゃんができて生まれるまで、命の大切さや命の奇跡をわかりやすく、とても大切な言葉で
伝えられて娘にとっても私にとっても感動の時間となりました。

 同じことを伝えたり、勉強するのでも、語りやアプローチでこんなにも
大切な時間になるのだと、参加して本当によかったです。

そして、何より、うちは3人兄弟なので、娘と母だけの特別な時間を過ごす事が出来て
感謝しています。

女の子のいる友人にもお勧めしたいと思いました。

(H・Kさん)

-----------------------------------------

 今日参加して、学校で勉強したきたとは言っても、そこでどう一緒に話したら
いいのかもわからなかったので、一緒に参加することによって、共有して
話すきっかけも出来て良かったです。

 赤ちゃんの生まれる時のこと、6年生でもまだ身近ではないのかもしれないですが
お母さんが自分を生んでくれた時や、自分の遠い未来のことなど、ほんの少しでも
考えてもらえたら・・・と思いました。

”誕生学”にも興味が出ました。
次は5年生の次女と参加したいと思っています。

(M・Sさん)

-----------------------------------------

 久しぶりに娘と2人だけの時間を過ごせて良かったです。
ふだん話さない生理や出産のことも聞いたので、娘が親以外から伝えてもらう大切さを
感じました。

情報がたくさんある中でネットではなくリアルに正しい知識を大人から伝えることの
大切さも。

 これからもこんなセミナーがあると良いと思います。
参加して良かったです。ありがとうございました。

(J・Mさん)

-----------------------------------------

 「月経がくるのが待ち遠しいなんて、ホント?」と実は参加前は思っていました。
うちはまだ来ていませんが、娘はその日(初潮)を楽しみに待っています。私もです。

親子で一緒に聞けたので月経に関する話も、その後抵抗なくできるようになりました。

(S・Sさん)

-----------------------------------------

 娘が4年生の時に参加しました。
翌年、初潮が来たとき、すぐに私に教えてくれました。
あのタイミングで参加して本当に良かったです。

(A・Mさん)

-----------------------------------------

 娘が4年生で月経教室に参加して、その後先生に紹介していただいた
「13歳までに伝えたい女の子の心と体のこと」の本は今、うちの娘の愛読書です。

(12歳 Mちゃんのママ)

-----------------------------------------

学校でのお話よりずっとおもしろかった。

(Iちゃん 4年生)

-----------------------------------------

おなかの赤ちゃんて、すごーい、と思った。

(Uちゃん 5年生)

2016年04月01日

fuusen-mini

一人目を妊娠した時は、生まれる2か月前まで仕事をしていたましたので、
おなかが目立たないように妊婦らしくみえないようにしていましたが、
特に問題なく安全でした。

2年後、第2子を妊娠しましたが、6ケ月に入った時に、流産してしまいました。

この体験から赤ちゃんを授かることや、おなかの中で順調に育っていくこと、
無事に生まれてくることは奇跡であり、どれだけありがたく素晴らしいことで
あるかを痛感しました。

流産してから3年後、もう一度赤ちゃんを授かった時は、もっともっと命に
敬意をはらい、心をこめて感謝しながら、おなかの赤ちゃんとの時間を
大切にしようと心に決めました。そんな時に浅井先生と出会いました。

いつも赤ちゃんに気持ちを寄せてゆったりした心でいることの大切さを
教えていただきました。

日差しの温もり、風の心地よさ、鳥のさえずり、木々や花々の美しいなど
自然を感じ、これから生まれてくる世界の素晴らしいさを赤ちゃんと共有する
幸せな時間でした。様々なことを赤ちゃんに話しかけました。

どうしても急ぐ時には「今からちょっと走るからね、ちょっと我慢してね」
など声をかけました。おなかの赤ちゃんは、安心している様子で、
よくギューっと伸びをしていました。ゆったりしていました。

内心、また流産しないか心配でしたが、おなかの赤ちゃんとずっと話していて
幸せで満足のいく妊娠期間でした。

「おなかの中からの子育て」をしていたおかげか、話(気持ち)が通じるので、
言葉がしゃべれない時でも、「なぜ泣いているのかわからない」ということがなく、
とても幸せな時を過ごしてきたので、子どもとのコミュニケーションが楽になりました。

いま、その子は5歳になります。人の気持ちを察したり、人の思いに気が付く
感性の豊かな子に育っていて、一緒にいて心が温かくなることが多々あります。

「おなかの中からの子育てがこんなに大事だったのか!」と改めてその大切さを
実感しました。

仙台にいる妊娠中の友人にも「おなかの中からの子育てが始まっていること、
赤ちゃんにいつも心を寄せて声を掛けていくことの大切さ」を話しました。

友人はその後アドバイス通りに妊娠生活を送り、生まれた赤ちゃんは驚くほど
落ち着いているそうです。
友人夫婦からは「すごい!素晴らしい!」と、とても感謝されました。
幸せな親子増えて、うれしいです。

(松口右知子・東北在住)

(松口さんは幼稚園で「赤ちゃんといっしょ」という名前で開催していた時に、毎月通っていたママです。
この文は、私の本「おなかの中からの子育て」から転載しました。
本ではイニシャルですが、ご本人の了解のもと実名で載せています。浅井・記)

2016年04月01日

”赤ちゃんとの対話”ということでしたが、
赤ちゃんを通して自分自身との対話になる講座だなと感じました。

上の子どもたちとの接し方で悩んでいたことも、この講座で自分との関わり方が要点となり、
そこを改めることで解決していくことを学びました。

また、赤ちゃんがなぜ自分の所に来てくれたのか、
そしてなぜ自分もこの世に産まれてきたのか知るヒントを頂くことができ、
これから歩んでいく道が親子共々楽しいものになっていくと感じました。

ありがとうございました。

倉澤 麻紀さん(38歳 第5子で参加)

2016年04月01日

<お月様にお願いしました>
moon-mini
ここに参加して
子どもを授かりたい!と思っている人と交流が出来て
〝自分だけじゃないんだなっ”て思えて心強くなりました。
仲間との貴重な交流の場となりました。

日想観では、
からだの芯からポカポカと、
心の奥底からジワジワと、
愛のような大きなものに包まれる体験をしました。
太陽という大きな存在から、私という存在を祝福されたような、
そんな包容感に包まれて、とても穏やかな幸せを感じました。

へその緒の会の「虹のへや」そのものが心地よい空間なので、
外では知らず知らずのうちにまとっている心のヨロイを、
そっとおくことが出来て、心もからだも軽く元気になります。

「私たちのところに赤ちゃん来てください」とお月様にお話したらいいよと教えて頂き、
さっそく、月がきれいで力強く輝いている時(中秋の名月)に
「赤ちゃんおいでー、待ってるよー」
「わたしたち家族がいいな!って思ってくれる赤ちゃんがいたら、
こちらはいつでも大歓迎だよー、安心してきてね?」と、
手を合わせてパートナーと一緒にママパパ立候補をしました。
ついでといったら何ですが、ふっと話しかけたくなった元気な夕日にも立候補したら、
次の月経は来なくなり、念願の第二子を授かることができました。

さらには、実の姉にも同じ時期に第一子がやってきていたので本当に驚きました。
後で聞いた話ですが、姉も同じお月様(中秋の名月)に
「赤ちゃんおいで」って家のベランダからお願いしていたらしいのです。
お月様から同時に2つの命が、姉と私のお腹の中にやってきてくれたんだと、深いご縁を感じています。

(妊娠前から通っていたTさんです。
この話を教えてもらったのは、第2子が生まれてだいぶ後でした。
文中で、お月さまにお願いするといいよ、というのは
「天から赤ちゃんを呼ぶ」と私は言っていたと思います。
でも、漠然とした天、空より、
お月さまは焦点が定まっていいかもとこの話を聞いて思いました。浅井・記)

2016年04月01日

「授かる前から始めた胎教」

(K.H.さんは、まだ、未来のママのレッスンがないころ、
胎教は受胎前からということで、妊婦さんに混じって参加され、二人目が授かった方です。
この文は本「おなかの中からの子育て」に載せたものを転載しました。浅井・記)

私はいま、二人のこどもを育てています。
30代は仕事が楽しくて、考えるのは自分のことばかり、
39歳で初めて出産しました。

赤ちゃんを授かり、
子育てをすることで世界がどんどん広がり深まっていくことを知り、
もっと早く気付いていたらと思いました。
blog_20160309
一人目の赤ちゃんの誕生後、野口整体を知りました。
産後、活元会という身体の無意識下の動きに身をゆだね整える会
に参加するようになりました。

そのうちに、定期的に身体のケアも受けるようになり、
骨盤を整えてもらったこともあってか、
月経周期のリズムが整い体調もよくなっていきました。

二人目の赤ちゃんを望む気持ちが強まっていたものの、
なかなか恵まれず
月経を迎えるたびにがっかりしていました。

年齢もあり、
もう授かることができないのではという恐れが芽生えた頃、
あきよ先生を知り、
胎教は授かる前から、との言葉にレッスンに参加。

「木になるイメージワーク」を体験しました。

大地にしっかりと根付きからだの芯を感じながら
宇宙ともつながっている、豊かな自分に気付きました。

目を閉じて子宮に手を当てて心を寄せると、
黙々とお月さまの周期で赤ちゃんを迎える準備をし続けてくれている
子宮への感謝の気持ちがあふれ、涙が止まりませんでした。

それから、
夫と共に二人目の赤ちゃんが来てくれたらどうしたいかと夢を共有しあい、
写真や雑誌を切り抜き、コラージュを行いました。

同時に三人家族のままだったらということも考えて、
二通りのコラージュを作りました。
どちらも幸せなんだ!と夫婦で思いを重ねることができました。

次の私の誕生日までに赤ちゃんが来なかったら、
きっぱりと今のままの三人家族の暮らしを受け入れようと話し合いました。

太陽のひかりを全身で感じる日想観もよくしました。
ひかりの通り道を身体に作り、おなかにはいつも温かなものがある
という感覚が心地よく、朝日を浴びながらよくやりました。

そうして心がすっきりと整うようになったころ、二人目を授かりました。   

妊娠中、あきよ先生のレッスンに通って、
自分の心や赤ちゃんの思いを感じながら過ごすことを教わりました。

日中は上の子との時間を大切にしていたので、
こどもが寝ているうちに早起きして
おなかの赤ちゃんと散歩をする時間を作りました。

出産前夜のこと、夫におなかのマッサージをしてもらっていると
「男の子ですか?」と語りかけた時にキックを返してくれて
「男の子だよ」と元気に伝えてくれました。

「対面はもうすぐかな」と思った翌日に産まれました。

一人目の産後は
赤ちゃんと二人きりの時間が多く、精神的に不安定なこともありましたが、
二人目はたくさんの人に助けてもらえて幸せでした。

産後ドゥーラという産婦のケアをする方にも来てもらい、
主に食事作りを手伝ってもらいました。

心身ともにデリケートな時期に 
信頼できるかたが寄り添っていてくれるという安心感に包まれていました。

妊娠中忙しく、
おなかの赤ちゃんに心を向ける時間を作りにくい人などにこそ
「おなかの中からの子育て」を知ってもらいたいです。

きっと、大きな発見や感動があると思います。

(K・Hさん /43歳で二人目を妊娠し、44歳で出産)

2016年04月01日

赤ちゃんがちょっとした動きや全身を使って伝えているメッセージを受け取ることが上手になりました。

赤ちゃんがすごいって再認識。

上の子たちが変わりました。
すごーく自分の人生を歩み始めた感じがあり、エネルギーの動きを感じました。
すてきな涙がたくさん出ました。

ありがとうございました。

大橋 里恵さん(47歳 第7子で参加)

2016年04月01日

妊娠中、参加直後の感想です(2015年・11月)

 イメージワークは、木になるワークにだいぶ慣れてきていたので、
太陽のワークもスムーズにできました。
子宮や体の内側が温かくなってきて、すごく心地良かったです。
イメージワークはこれからも続けていこうと思います。
 
(神戸加織さん)
IMG_7765-mini

-------

2回目の木のイメージでしたが、心を落ち着けて良い時間を
過ごせました。集中した中で太陽のイメージワークに移り、赤ちゃんのキラキラした
感じとあたたかさを感じました。

イメージワーク後は頭がスッキリしました。

(泉 美智江さん)

-------

 はじめての太陽のイメージワーク。
木のイメージワークがとてもスムーズにできるようになったので
太陽のイメージワークは上手にできました。
自分の体に 光をすごく感じることができ、心地よかったです。

(K・Aさん)

2016年01月01日

柔らかい優しい雰囲気の浅井先生の誘導で、
自分に集中してワークをすることが出来ました。
体中がポカポカして、お腹の赤ちゃんも喜んでいるのがわかりました。

妊娠後期になって初めて参加しましたが、
みなさん温かく迎え入れて下さって、
とても楽しくリラックスして参加することが出来ました。

ありがとうございました。
(M.Mさん 30代、9ヶ月 初産)

2015年11月04日

 子どもに伝える事は恥ずかしいけど本を見せたり話し合いの場を作ることが大事だと
思いました。

男の子もお祝いしてあげなくては・・・と思いました。

(S・Uさん)

-----------------------------------------

 「聞かれるかも!男の子からの性の質問」では、
なかなか恥ずかしくて、人に聞けない事も、
皆と話し合いながら考える事が出来てとても勉強になりました。

息子との関係が良い方向に行くように、しっかり受け入れ、
どっしりと構えた母でありたい・・・。

そして、息子の自己肯定感を育ててあげたいと思います。

(M・Kさん)

2015年11月04日

おなかの中からの子育てレッスン>にご参加の方の感想です。

■仕事のお休みの日にカップルで参加した方

赤ちゃん人形6.7か月

赤ちゃん人形6.7か月


今日は産科医の受診後寄らせてもらいました。ということで、

感想:(30代男性・妻が妊娠7か月)
まず、胎児人形を抱っこさせてもらい、妻のおなかの中に
こんなに重い赤ちゃんが入っているんだと、びっくり。
うまれる直前の3キロのへその緒も付いた赤ちゃん人形なんて
ずしっときて、えーっ!これに胎盤や羊水の重さも加わると
聞いたら、たいへんなんだ!すごいな~と実感しました。
胎児人形は、重さは実際とおなじでも、ほのぼの可愛くて、
エコー写真とかで見るのとはまた違った実感がありました。

感想:(30代女性・妊娠7か月)
一度行きたいと思っていたけど、なかなか行くことできず
休みの日に初めて二人で参加しました。
どんなことをするのか全然わからなかったのですが、
初めて「木になるイメージワーク」も体験しました。
こんなに清々しい気持ちになったのは、初めてです