米ぬか温湿布つくり講座 2019年12月3日

Pocket

<米ぬか温湿布>申し込みフォームは文末にあります
寒くなってきましたが
こんな事はありませんか?

☑️布団に入ったけど、体が冷えてなかなか眠れない。
☑️特に足元が冷える
☑️手と足先、末端が冷える
☑️お風呂に入って時間が経って全身冷えてしまった。

冷えていると布団に入ってなかなか眠れないませんね。

湯たんぽを使う手もありますが
けっこうめんどくさい。

そんな時、この「米ぬか温湿布」があると
簡単に電子レンジでチンして
たとえば足先など温めたいところに置きます。

じんわりと熱すぎることもなく、
やわらかい温かさが続きます。

布団の中で使っている場合は
朝でも、まだほんのり温かい。

そんな、米ぬか温湿布
作り方もそんなに難しくはないのですが

いざ一人で作るとなると、
材料を揃える、計る、布を切る、針で縫う
など、
めんどうだなと感じてしまう点がいくつか
あります。

山上かさねさんを講師に迎えて
昨年作ったところ、、、

とても簡単に楽しくできました。

講師の山上かさねさんをご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
益子の両親ともに陶芸家という
ものづくり一家に生まれた人形作家。
先日(2019年10月)目白で個展
(陶芸家の父との親子二人展)
整体的子育ての山上亮先生の奥さまで2児の母

雑誌 天然生活2018年12月号に
「心も体もほぐれる
ぬか温湿布のお手当て」
という4ページの記事に掲載された。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かさねさんの講習の特長は

○手ぶらで参加できて
完成品を持ち帰る事ができる。

○袋の4分の3はすでに縫ってあるので
渡された中身の「米・ぬか・塩」を
入れて、口を縫うだけで簡単

○針を使っても危なくないように配慮。
針の数と人数はピタリと合わせてあって
終わったら回収。

○糸も付いている

○そしてなによりセンスの良さ
本体の布がインド綿で自然な感じです。

そんな講習会です。

整体的子育て
整体的な生活者である山上家で
これをどんな風に使っているかも
お話していただきます。

日ごろ、針を持つ機会のない人でも
男性でも
15センチくらいを縫うだけですから
誰でもできるようになっています。

一個作ったら
家でもっと作れる!
という方もいるでしょうし

一つならず、
もっと作りたい!キットがほしい!
という方のためには、
2つ目以降のキットもお分けします。

=========================
日時:12月3日(火)10:00〜11:30
会場:「へその緒の会」虹のへや(JR金町駅徒歩10分)
講師:山上かさね さん
参加費:3600円(キット一つ含む)
キットをさらにほしい方は+1600円でお分けします
=========================