ブログ

竹内正人先生のお話をきく会

2021年04月23日

へその緒の会の歴史~9~

 

産科医

竹内正人先生の

お話を聞く会が開かれました。

 

 

 

 

生まれる前から

この世を去るところまで

トータルに人間を見つめる

竹内正人先生

 

 

この日のお話では

『ナラティブ』   

という言葉がキーワードでした。

 

 

 

「ルナルナアプリ」や  

出産予定日を登録すると

毎日届く妊婦向けメルマガ

「そのママ」

竹内正人先生の作なんです!

 

 

 

 

「へその緒の会」の

スタート時から

ご縁あって

顧問会員に

なっていただいています。

 

(浅井あきよ・記)

「玄牝-げんぴん-」上映会

2021年04月09日

へその緒の会の歴史~2~

 

NPO法人になって2年目の

2012年には吉村医院の

ドキュメンタリー映画

『玄牝-げんぴん-』

上映会をしました。

 

2010年の映画ですが

上映会は多くは開かれてなく

なかなか観る機会の少ない映画です。

監督は河瀬直美さん

お産のシーンもありますが

やや暗い闇の中

静かにお産が進みます。

 

映画の中にも登場する

助産師の松浦照子さんも

当日、上映前に挨拶をしてくれました。

 

 

会場は再び金町地区センター

 

ママたちや

地元の葛飾総合高校の

生徒のボランティアも

参加してくれました。

 

あの頃の高校生は9年経って

今どうしているかな?

 

 

吉村正先生は

2013年に院長を退き

2017年に亡くなりました。

 

「妊婦は

パクパク、ビクビク、

ゴロゴロしてては

イカン!」

 

妊婦は

「食べすぎない、よく歩き、

よく体を使って働き、

安心して過ごすこと」

を、独特の口調でそう言いました。

 

「玄牝(げんぴん)

もういちど観たいな!」

という声も時々聞きます。

あなたもそう思ったらご連絡下さい。

 

(浅井あきよ・記)

池川明先生の講演会

2021年04月06日

へその緒の会の歴史~4~

 

2014年には

池川明先生の講演会を

東江幼稚園のきのこ園舎で開きました。

こんどは映画は無し講演会のみ。

途中で池川明先生と私の対談タイムも。

 

講演会後

12人限定のプレミアムイベント

池川明先生を囲んで

お話する会も開かれました。

 

 

この日もボランティア

準備にいろんな人が協力してくれました。

 

(浅井あきよ・記)

 

 

 

 

へその緒の会満10歳になります!

2021年03月26日

へその緒の会の歴史~1~

 

これは10年前のチラシです。

 

 

 

2011年4月に

NPO法人「へその緒の会」は

誕生しました。

 

 

2010年の12月に申請をして

10年前の3月は東京都の

認証を待っていました。

 

4月初めに認証の通知が届き

4月11日付けで登記しました。

 

 

だから

NPO法人 へその緒の会

の誕生日は4月11日

 

 

でもこのチラシはその前に印刷したので

申請中となっています。

もうすぐ満10歳です。

 

 

オープニングイベントの6月28日(土)の

「うまれる」上映会と

「池川明先生講演会」には

280人もの人が参加。

 

池川明先生のお話ももちろん、大好評でした。

 

そのころは紙のチラシに

紙のチケットだったんだなぁ!

チケットは郵送や手渡しでした。

 

 

 

 

 

まもなく10歳の

NPO法人へその緒の会

ここまで続いたのは

その時々の支えて下さった方のおかげです。

 

4月11日の

10歳の誕生日に向けて

「へその緒の会」の

やってきた事をこれからもここで

振り返ってみますね。

 

 

ところで、

「うまれる」の映画見てないから

「見たい!」とか「もういっぺん見たい」

という方はご連絡くださいね。

 

浅井あきよ・記

アドベント(待降祭)の季節

2020年11月27日

クリスマスは知らない人はいませんが
アドベントはそこまで知られてはいませんね。

クリスマス前の4回の日曜日は
待降祭『アドベント』と言って

ヨーロッパなどキリスト教文化圏では
<「クリスマス=誕生=降誕」を待つ> という日です。

 

 

毎年、日付は変わりますが
12月25日前の4回の日曜日が
第一〜第四アドベントとして
祝われます。

今年は11月29日(日)が
第一アドベントですね。

アドベントカレンダーと言って
一日づつ窓を開けると
中から小さなお楽しみが出る
というのもあります。

あと何日と
毎日、日数数えて待つという
この体験は子ども心に
ワクワクするものでしょう。

私がこの「アドベント」を初めて知ったのは
2000年の11月に
ドイツのニュルンベルクで開かれた
シュタイナー教育の研修会に参加
したときでした。

園長の仕事を3週間も離れて
賢治の学校主催の研修会に
参加したのです。

ちょうど、その時期
ニュルンベルクは恒例の
クリスマスマーケットが
開かれていました。

研修に参加しているのは
全員日本人で
講義は現地の先生がドイツ語で行ない
すべてに日本語通訳が付いていました。

アドベントの飾りとして
モミの木と赤いリボンで飾られた
大きな4本の蝋燭を立てたものがあり
1週間ごとに蝋燭に火をつけていくのです。

 

日の暮れは早く
日の出は8時くらいで

毎朝、朝食の時は
外が真っ暗な中でしたので
蝋燭がきれいだな、と思ったのを
覚えています。

アドベントの季節になると
この時のことを思い出します。

これだけ夜が長いと

冬至を境に、日が伸びるのを
心待ちにする気持ちがよくわかります。

心待ちにする気持ち
これが、この時期の気持ちなのだと思います。

元々あった冬至を祝う光の祭りと
イエスの誕生を祝うクリスマスが
結びついた、という説もあります。

 

 

日本のお正月も
冬至とほぼイコールですね。

ちょうど、この季節は

新しいカレンダーが出たり
来年の手帳やダイヤリーが

売り出される時期です。

冬至へ向かって
締めくくりと来年の準備を
始める時です。

一年間をふりかえり
新しい年に願いをこめる
大切な時期。

その一つの行動として
心を込めて「手帳」を選びましょうね。

アドベントから始まって
オチは手帳でした。

整体的子育て講座 開催しました

2020年10月04日

 

 

 

 

 

 

10月3日に山上亮先生の整体的子育て講座を開催させていただきました。
少人数での開催として4組の方にご参加いただきました。

 

今回は【子どもの観察】について
お話しを伺いました。

こんなシーン子どもさんにありませんか?
・噛んでしまう、ひっかいちゃう
・キーキーいう、頭をぶつける
・夜うなされる・・・

このことについて
どうして、そのような体のメッセージがおきるのかと
お手当方法について
お話しをしていただきました。

 

山上先生のお話しはいつも目から鱗です。

 

今回も学びの多い時間をありがとうございました。

12月開催で今年度は最後になります。
ご参加お待ちしております。

https://www.reservestock.jp/page/event_series/52558

 

 

インスタはじめました!

2020年08月21日

散歩の風景を共有したくてインスタを

はじめましたが、早朝散歩のきっかけは

妊婦さんに散歩を勧めているから。

散歩の風景のインスタでは伝えきれない

「妊婦さんへのお役立ち情報」が

たくさんあふれてきて、もうひとつ別の

アカウントを作りました。

お気軽にフォローして下さい。
アカウントはこちら

@akiyo_hesonoo

散歩の風景を紹介しています

2020年08月20日

暑い日が続きますね。

妊婦さんに散歩を勧めている私ですが

私も早朝に散歩をしています。

きれいだな、珍しいな

と毎日いろんな発見があります。

そして、写真を撮って・・・・

みんなにも見てほしいと思いはじめたのが

きっかけでインスタをはじめました!

気軽にフォローして下さい。

アカウントはこちらです。

@akiyo.asai